Personal Fabrication

音楽と本

楽曲分析 No.1「In My Room」Beach Boys

「In My Room」は1963年に発表されたアルバム『Surfer Girl』収録

Brian Wilson による流麗なメロディが特徴の楽曲

 

www.youtube.com

 

 

コード進行は以下(耳には自信がないので間違いがあればご指摘ください)

 

原曲キーは、B major 

応用し易くするためにディグリーネームで記してあります

 

 Intro

ⅠM Ⅵm   Ⅱm  V  

 

Verse

 

IM  Ⅶ bM7  Ⅱm   IM

 

IM  Ⅶ bM7  Ⅱm   IM  IM on Ⅵ

 

Ⅱm  Ⅶ → → 

 

Bridge

 

Ⅵm → V  の繰り返し

 

※Bridge後、Verse に戻る

 

 

分析

 

Intro

定番のイチロクニーゴのアルペジオなので特に分析の必要なし

 

Verse

IM の部分では、キーの1度、2度、3度から4度、5度を用いたなだらかなメロディ

 

続いての5度から6度にかけてのメロディでは、

ⅦM7 の構成音の7度(キーの6度)をメロディにあて、構成音の似たⅡmに繋いで構成音の3度マイナー(キーの4度)に着地、IM に解決すると同時にメロディもキーの3度に落ち着く。

 

ふた回し目も基本は同じで、最後のIMのベースをⅥに変更して続くⅡmに滑らかに接続する工夫がなされている。基本的な、トニック機能を持つ別のコードのルートを拝借するカタチ。Cをキーとするなら、例えば、CM on E 、F on D など

 

Bridgeは、無難なので解説の必要なし。

 

Ⅶ bM7が効果的に使用されている楽曲の為、ミクソリディアンの雰囲気が漂う

 

ビートルズでも多用されているⅦ bM7は、明るくてダルい雰囲気を出すのに良い

 

I とⅦ bM7を繰り返すだけの楽曲もある

ただし、この場合はモードなのでコード進行とは別の捉え方

www.youtube.com