読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Personal Fabrication

音楽と本

承認のゲーム

誰かの自己承認欲求や自分の自己承認欲求に振り回されるのは止めよう。

 

人は究極的には神の愛にも等しい承認を求めているのだろう。

人の豊かな想像力は、欲望の源泉でもある。

 

湧き上がる欲望に身を任せて承認を求めるゾンビとなるのではなく、他ならぬ自分自身で自分を承認しようではないか。

その自分が不甲斐なく、承認することができないのならば、

毎日、自分にプレゼントをしてはどうだろうか。

勿論、それは自己破壊的なものではなくて、自分を耕すプレゼントが良い。

そして、その結果ではなく、日々歩みを進める自分を賞賛しようではないか。

 

記録は継続の友だ。

記録を付ければ、いつでも日々の歩みが確認できる。

何より素晴らしいのは、それがそのまま自分専用の教訓ノートになる。

記録が自分の失敗パターンを浮き彫りにしてくれるからだ。

それは、どこかで目にした自分自身の実感を伴わない偉人伝や自己啓発本を読むより役に立つ。同時に、それの意味を実感させてくれるものでもある。(自己啓発本はあまり良いものとは思っていないけれども、いかがわしい自己啓発本の中にも、一つくらい良いことは書いてある)

 

なぜなら、自分の記録と成果を出している人の記録を比較することができるからだ。

人は意外に自分自身が何をどの程度できるかを認識していないものだ。それを定量化して成果を出す人と比較することで、自分のどこに伸び代があるかを明確にすることができる。

 

最後に、継続的に鍛錬をする意識について非常に印象的なコメントを残していたニューヨークで活躍するジャズピアニストの海野雅威を紹介して終わりにする。自分の目標とする大きな成果(社会的名声などではない)を手にする人たちが共通して持つ精神を上手く言い表しているように思う。

 

元記事からの直接的引用は問題があるかもしれないので、以下に要約した。

練習というものは、10年後に花開くかもしれないから、長い目で見ること。

そのように考えていれば、短期的成果に振り回されることがない

 

 

ここからは海野雅威についての余談。

インタビューを読む限り、彼は人格的目標と音楽的目標が一致しており、良いプレイヤーになるために良い人間になることを目指していることには、深く感銘を受けた。

「音楽家は音楽さえ良ければそれで良い」と言う人は少なからずいるものだけれども、

私は、音楽も人格も素晴らしければ、それに越したことはないと思うので、「音楽さえ良ければ」という主張には全く共感できない。

 

破滅的人生の香り漂うドビュッシービル・エヴァンスも良いが、音楽と人を等しく愛したパブロ・カザルスのような音楽家に深く共感する。

www.youtube.com

 

 

 話が飛び過ぎたので、海野雅威の音楽を最後に紹介して終わりにしよう。

www.youtube.com