捏造日記

音楽、勉強・読書記録、日常の感想

日々の色々2 アニソンとの格闘と出会い

 

音楽オタクを自称するのであれば、安易な洋楽オタクに堕落するのではなく、洋楽・邦楽・時代などの要素に左右されず、あらゆる素晴らしき音楽を探求し愛でるのが正しい音楽オタクの正しい姿勢だと思っています。

 

ただ、正直言ってアニソンには抵抗があったことは確かです。深夜アニメでよく目にする露骨なパンチラ的描写に抵抗を感じたからかもしれません。さらに、「アニソンは作品と関連させて楽しまなければならない」という強烈な思い込みも働いて、アニソンをいわば食わず嫌いするような状態が続いていました。(一応、渋谷系のミュージシャンが最近のアニソン界隈で活躍している程度の知識はありました)

 

そんな私のアニソンに対する誤解が完全に解いてくれたのは「もってけ!セーラーふく」です。サビで合唱することから日本のアイドル文化的な要素を感じることができましたが、曲のルーツが見えませんでした。後に電波ソングの文脈に位置付けられることを知りましたが、当時はMOSAIC.WAVの名前くらいしか知りませんでした。ちなみに、この場合の「ルーツが見えない」は最高の褒め言葉です。

 

 

ヒップホップとは異なる文脈のラップ、意味不明な歌詞、強烈なスラップベース、やたらに早いテンポ、Stutterを使ってエディットされたような声、30秒近い混沌とした間奏など、あまりにも型破りだと思いました。この作品が売れたのは、奇跡だと思います。「もってけ!セーラーふく」は邦楽史上屈指の名曲と確信しました。オリジナリティと作品の質を高いレベルで両立させることは本当に難しいことです。

 

自分が今まで避けてきたアニソンの実態は、作品の世界観という制限を受けながら強烈な個性を発揮する職業作曲家の戦場でした。アニソンというジャンルの中では、もはやサビをポップにしさえすれば何でもありかのような異種格闘技的ミュータントが次々に生産されていたことに気付きました。アニソンは既存のポップ・ミュージックとは違う文脈に位置しており、それ自体で十分注目されるべき音楽だと実感しました。もし自分が日本の音楽の教科書を作ることになれば、2000年代の代表曲として間違いなく「もってけ!セーラーふく」を収録します。

 

少しだけ個人的な話。

色々と聴いてきた方だとは思いますが、メジャーな邦楽どころではBUMP OF CHICKENアジアンカンフージェネレーションなど、メジャー洋楽どころではニルヴァーナレッチリ、マイナーな洋楽どころでは海外インディやビートミュージックを模倣したような音楽を聴くのには飽き飽きしていました。(もちろん、全てが粗悪だとは思っていません)そんな状態に思えたので、最近の日本のミュージシャンを避けてきました。

 

閑話休題

 

聴けばわかるとは思いますが、アニソンはポップ・ミュージックの限界に挑戦している曲がいくつもあります。アニソンは一つの曲の中に必ずいくつかのギミックがあります。フュージョンのようなキメは勿論、同一曲内で意図的にBPMを動かしているものもあります。複雑怪奇なコード進行も頻繁に耳にします。アニソン界隈では、常識はずれのカオスが個性として認められている感じがします。もはや、ポップ・ミュージックのフォーマットでいかに型を破るかを競っているような気さえします。

 

アニソンに関してはニワカ中のニワカですが、気に入ったものをいくつか紹介します。

 

ハレ晴レユカイ」は、代表的なアニソンだと思います。ファンクでよく耳にするダサい(褒め言葉)キーボードにポップなメロディと侮っていたらコード進行の難しさに泣かされます。サビ終わりの「でしょ でしょ」のキメが楽曲のフック。


 

アニソン界の伝説、神前暁御大の作品です。

恋愛サーキュレーション」は代表曲のひとつと言っても良いはずです。

歌うようにラップすることをヒップホップ界隈ではフロウと呼びますが、Aメロは見事なフロウと言って良いでしょう。神前暁の職業作曲家としての作曲の幅には感心させられます。

 

 

 

田中秀和は、神前暁に憧れてアニソンの作曲家を志したそうです。「PUNCH☆MIND☆HAPPINESS」は完全にイかれてます。(褒めてます)

ここまでBPMを早くする必要があるのでしょうか?(褒めてます)

 

 

サビでBPMが落ちる変態的な曲。

BPMを落とすこと自体は無理ではないとは思いますが、元のBPMに戻す過程が変態的です。間奏のギターも変態です。

作曲者の広川恵一は、神前暁の弟子らしいです。

 

 

変わり種では「めざせポケモンマスター」も名曲。

幼い頃の記憶とは違ってきこえると思います。

イントロのカッティング、ギターのワウ、8分裏のアクセントを意識したメロディなど、ファンキーで良質なポップです。加えて、間奏後のコーラスワークが謎です。

これが正しいJ-Popの姿だと思います。

 

 

アニソンは、作品から切り離したとしても純粋に音楽としても鑑賞に十分耐え得るものばかりなので、アニメオタクに専有させるには非常に惜しい宝の山です。

 

個人的な話を少しすると、アニソンを収集するためにツタヤディスカスに登録しました。SpotifyApple Music にはアニソンがほとんどないからです。とりあえず、神前暁が手がけた作品のいくつか、『あんハピ♪』、『這いよれ! ニャル子さん』、『灼熱の卓球娘』などを予約しました。

 

アニメには疎いので良いものがあれば教えて欲しいです。